「 bonanzaの記事 」 一覧

病気とはつまり普段の行いからくるものなんです

生活習慣病の発症のメカニズムの一番のポイントは何かと いえば・・ 生命というシステムを把握することにありなんです 部分感としての分析をいくら微細におこなったとしても モノをただのモノとして切り離して考 ...

血液が汚れている証拠3 動脈硬化 高血圧 血栓

血液の汚れを浄化しようとする反応として 発疹や炎症がありますが でもこうした反応を起こすことができない高齢者や虚弱体質 の人もいます。 高齢者はアトピー性皮膚炎はまれであったり、無熱性肺炎という発熱す ...

血液が汚れている証拠2 炎症

血液の汚れを発疹という形で体外に出す力のない冷え性の人や高齢者 体力がないために、せっかく発疹がでても、薬で発疹を抑えてしまう人は 血液の浄化ができません。 こなってくると次におこってくる反応が炎症で ...

血液が汚れている証拠1 発疹

皮膚は体を外界から保護する 器官であると同時に、若干ながら呼吸、吸収、排泄など 肺や胃腸、腎臓などと同様の働きを行っている 特に発汗や、皮脂腺からの脂肪の排泄などはまさしく 体内の老廃物の排泄現象であ ...

なぜ心臓と脾臓にだけはガンができないのか

生まれてきた赤ん坊は赤血球が多く、体熱が高いために赤い。 だんだん年をとってくると白髪が増え、白内障を患い、皮膚に白斑が できたりといった具合に「白」が目立つようになり やがて死を迎える。 「白」冷え ...

乳がんにおける活用

早期発見 早期治療が可能なことから、 治療の中心はなんといっても手術ですが・・ 女性にとっては辛いものですから ほかの治療方法を検討する必要があります。 手術は胸の筋肉も一緒に切除する、乳房切断術が ...

水溶性キトサン 分子量1500以下の取り扱いについて

水溶性キトサンは私自身でも必ず飲用して自分の体で 実験していみてます。 通常のショップにおいてある低分子キトサンのラインナップは 分子量5000~7000のものを使用 色は白色で粉末 中分子に近い低分 ...

白血球が減らずに

白血球が減少は感染に対する抵抗力を低下させてしまいます。 ガン治療中に肺炎などで死にいたることが多いのはこのためです。 リンパ球はガンに対する抵抗力と深く関わっています。 リンパ球のなかのNK細胞やL ...

NK細胞活性

服用始めて服用後のNK細胞活性 生体内において ますます需要が高かまる水溶性キトサンはもはや必須商品 ですね。 まだはじめてない人はお手元に是非 はじめましょう 今まだ健康だよって方も 先のことは人間 ...

放射線 紫外線 等に注意が必須です

広島 長崎の被爆者、チェルノブイリ周辺の住民のガン羅漢率が高いのも よく知られた事実です。 放射線ってガンの治療にも使われてますが、ガンの誘発因子でもあるわけで 治療のためとかいっても、安易に放射線を ...

Copyright© 水溶性キトサン 未来を生きるために , 2019 All Rights Reserved.