なぜガンになるのか

血液が汚れている証拠2 炎症

更新日:

血液の汚れを発疹という形で体外に出す力のない冷え性の人や高齢者

体力がないために、せっかく発疹がでても、薬で発疹を抑えてしまう人は
血液の浄化ができません。

こなってくると次におこってくる反応が炎症です。
肺炎、気管支炎 膀胱炎 胆のう炎 などはばい菌の力
を借りて体内に炎症を起こし、血液の老廃物燃焼させようと
する反応といえます。

炎症につきものなものといえば、発熱、食欲不振
発熱とは:老廃物が燃えていること
食欲不振とは:血液を汚す最大原因の「食べ過ぎ」を一時的にストップさせる反応

ばい菌はドブ川、肥溜め、ゴミ溜めなど汚いところにウヨウヨいるが、清流やコバルトブルー
の海の中には存在しない、

地球上の不要物、死んだもの、余ったものなどを分解して土に戻す働きがばい菌の使命
なんで、

体内にばい菌が侵入して肺炎や胆のう炎などの炎症を起こすことは、
血液が汚れている証拠でもあります。

こうした炎症疾患に対して
日本では卵酒(日本酒の熱カン一合に卵の黄身1個を加える)生姜湯
西洋ではレモンウイスキー(ウイスキーのお湯割りにレモン汁をいれたもの)や
赤ワインの熱カンを飲む習慣
漢方では葛根湯を処方する。

こうしたアルコールや葛根湯は細菌やウイルスを殺すように働くのではなく、
体自体を温めて発刊させ、血液の汚れをなくすことによってばい菌が体内に
入ってくる理由を取り去る。

軽い炎症ならこうした、体を温める飲み物やサウナ、入浴、軽いジョギンング、ふとんかぶって
寝る なので発汗することによって治ってしまうことが多い。

こう考えると、抗生物質で殺菌したり、解熱剤をいきなり投与する西洋医学的手法は
一時的に症状は抑えることはあっても、かえって症状を長引かせたり、再発させたり
することが多いわけです。

関連記事

-なぜガンになるのか
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 水溶性キトサン 免疫増強効果の仕組み , 2018 All Rights Reserved.