水溶性キトサンについて

放射線 紫外線 等に注意が必須です

投稿日:

広島 長崎の被爆者、チェルノブイリ周辺の住民のガン羅漢率が高いのも
よく知られた事実です。

放射線ってガンの治療にも使われてますが、ガンの誘発因子でもあるわけで
治療のためとかいっても、安易に放射線を浴びることは大変危険な行為です。

検診のレントゲンも危険性は高く、ガン 成人病の早期発見に必要かもしれませんが
医療従事者で不可抗力的に放射線を浴びたり放射線治療を受けたことがある方は
要注意!

小児期や若年期に頭頚部に放射線治療を受けたことがある人は甲状腺腫瘍
発生率が高くなり、ほとんどがガンではないですが、検診は必要です。

輸入食品発芽抑制殺菌防腐のために、放射線照射を行うケースがあります
それこそこんな食品を年中食べていたら体内放射線物質蓄積され、ガンの原因になります。

ちなみにですが、低分子 水溶性キトサンはスロンチウムなどの物質(放射線物質)を体外に排除排泄する機能があります。

紫外線が皮膚ガンをひきおこすことは広く知られています。
白色人種のソバカス シミの多い人は特に危険です

紫外線は夏の間特に午前11時~午後2時までが強いのでその間は日光浴を避けましょう。
日傘、帽子 長袖も有効です。

発ガン物質が長年細胞を刺激すると
細胞の代謝(生活現象)が障碍されて、細胞から中間代謝物、すなわち酸性毒物、中分子毒物などの
老廃物が産出され、その結果、血液汚染が発ガン原因だったりしますね。
ですから、ガン予防にはまず血液をきれいにすることが最も有効な方法になります。

関連記事

-水溶性キトサンについて
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 水溶性キトサン 免疫増強効果の仕組み , 2018 All Rights Reserved.