なぜガンになるのか

高カロリー食 脂肪 食塩 不自然で鮮やかすぎる色の食品添加物が劇ヤバ

投稿日:

食事って毎日反復するため、ガンの危険因子になりやすく
高カロリー食は乳ガン、大腸ガン 子宮体ガン 前立腺ガンと
関連しているんです。

肥満って前立腺ガン 脾臓ガン 乳ガン 卵巣ガンの死亡率を高くします。
高脂食を摂取しすぎると、胆汁の分泌を活発にして、結果胆汁酸
が腸内細菌によって発ガン物質に変化します。

男性が脂肪を過剰摂取すると、男性ホルモンを過剰に作り出すことになって
前立腺ガンにつながります。

乳ガン 卵巣ガン 子宮体ガン 女性特有のガンや大腸ガンの発生率が脂肪の摂取
と比例することは、疫学的に明らかになっております。

脂肪は血液中の不活性型の女性ホルモンを活性型に変え
乳ガンを促進させると考えられています。

若い頃の脂肪摂取過多が、中年以降の乳ガンの増加の主因となります。

食塩は「胃ガンの原因になる」という説もありですが
食塩そのものに発ガン性ってないです。

ただ濃度が高いと胃壁を溶かして胃の抵抗力をさげます。

そんなときに発ガン物質が入ってくれば当然ガンになりやすくねるわけです。
高塩分の食べ物を控えることはとくに胃ガンの予防と治療に役立ちます。


漬物や肉の乾物、燻製は胃ガンを増やし、日本人に胃ガンが多いのは焦げた
魚を食べるせいだといわれています。

防腐剤 着色剤 発色剤 漂白剤 酸化防止剤
缶詰 スナック菓子 菓子パン 中華麺 缶飲料水 食肉類 などの
加工食品などには、発ガン物質が含まれているので、

それらも控えめにしましょう

関連記事

-なぜガンになるのか
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 水溶性キトサン 免疫増強効果の仕組み , 2018 All Rights Reserved.