水溶性キトサンについて

食品由来の免疫機能修飾物質

更新日:

食品由来の物質の中には、単独投与で免疫機能を賦活化したり
抑制したりする成分 免疫機能修飾物質の存在が
わかっています。

食品由来の免疫機能修飾物質、
甲殻類 担子菌由来の免疫機能賦活作用のある多糖類です。

そのほか血中コレステロール濃度低下作用脂質吸収阻害作用血圧降下作用、血中尿酸濃度低下作用
など、多くの生活習慣病の発症予防と病態改善に関係する効果を併せ持っているんです。

実験で(マウス)キチン・キトサン誘導体(キトサンを含む)マウス投与しマクロファージの活性化態を測定した
ところ、70%以上脱アセチル化キチン(DAC-70)に強いマクロファージ活性態が認められ
他の誘導体よりも持続性 低投与量での活性ということでした

さらにDAC-70には、NK細胞に対する活性化態もみられ
この効果発現のメカニズムとしては、脱アセチル化キチンの構成糖である
D-グルコサミン由来遊離アミノ基にもとづく塩基性が重要で
溶液中でイオン化された状態であることで、活性発現に大きく関係していると示唆
されていて、

DAC-70にはマクロファージからインターロイキン(IL-1)およびコロニー形成
刺激因子(CSF)といったサイトカイン(マクロファージ由来因子:モノカイン)
産生を増強
またリンパ球に直接作用してのインターロイキン2
(IL-2)などのサイトカイン(リンパ球由来因子:リンホカイン)産生
の増強はみられず。

このようなことから
DAC-70はマクロファージ活性化とモノカイン産生増強を特徴とする免疫機能賦活化物質で
マクロファージからモノカインを介在し、リンパ球(ヘルパーT細胞)が活性化し、活性化リンパ球
由来のリンホカインによる免疫応答:特異的免疫応答の増強の誘導されるものと示唆。

結果報告が止まらない現実を考えると。ニュースや報道でもガンで亡くなる方が大変多世の中にあって

水溶性のキトサンの飲用だけとは言いませんが、メンタル的にも明るく楽しく生きていける
人類の宝ではないでしょうか

関連記事

-水溶性キトサンについて
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 水溶性キトサン 未来を生きるために , 2019 All Rights Reserved.