なぜガンになるのか

発ガン物質、発ガン素因にさらされる現実

投稿日:

現在までのところ発ガン遺伝子、発ガン抑制遺伝子は、100個ほど発見されて
いるんです。

日常生活で多くの発ガン物質にさらされて、多くの遺伝子を損傷され続けダメージを
受け続けている事実がわかってきてます。

どのような人であっても日々、数十個から数百個のガン細胞が発生しているという事です。
だからといってすべての人がガンにならないのは、人の体の仕組みにはガン細胞をやっつける
免疫力が備わっていることや、食品中に多くの抗腫瘍成分が含まれているからなんで、

食品中の抗腫瘍成分って、ビタミンC、ビタミンE,カロチンなどがよく知られてますが、
その他に緑黄色野菜、根菜類、海藻類、草類、果実類などには、抗腫瘍成分
が含まれており、食品から摂取した成分による抗腫瘍講効果は、、複数の成分により相乗効果を
発揮することが知られてます。

一日30食を目標に、できるだけ多種類の食材を摂りましょうというのはこのためです。
ところがです!

食品中には逆に発ガン作用のある物質も含まれているんです。
食品のほかにも、発ガン作用のある物質は多くあり、日々繰り返し長期間接触しても
発ガン率が高くなることも知られています。

ガンは中年以降、特に高齢者に多く、ガン関連物質の影響は個人差もあるのも事実で
日常生活がどれほど多くの発ガン物質、発ガン素因に囲まれているのかを
WHOの下部機関であるIARC(国際ガン研究機関)の資料(別参照)

人の疫学調査と動物実験の結果に基づき、純物質、混合物、生活環境の発ガン性リスク
を評価 分類してます。

グループ1・・・・・人に対して発ガン性がある
グループ2A・・・・人に対しておそらく発ガン性がある
グループ2B・・・・人に対して発ガン性があるかもしれない
グループ3・・・・・人に対する発ガン性については分類できない(不明)
グループ4・・・・・人に対しておそらく発ガン性がない

別表でグループ1の人に対して発ガン性がある物質を解説

関連記事

-なぜガンになるのか
-, , , , ,

Copyright© 水溶性キトサン 免疫増強効果の仕組み , 2018 All Rights Reserved.