なぜガンになるのか

ガンはやっかいで治りが悪いが必ず死ぬってわけでもない

更新日:

5年生存率(ガンと診断されてから5年間生き長らえた人の割合のこと)

ガンって治りにくい病気ではあるが、決して不治の病ってことでもなさそうです

人生に必ず終わりのときはおとずれるものの

医者から「余命何ヶ月」などと宣告されてしまうと

(ガン=死)などというイメージが高まって

結果免疫活性を悪化させることに・・・

ガンと死は思い込みに近い事実誤認

生活習慣を改めて、科学的且つ総合的な治療を行うことによって

ガンは治ります

数多くの薬が開発されてますが、化学合成薬剤・生化学製剤などの一般薬の多くは

発ガン性があるといわれています。

某大手製薬会社の抗がん剤などの製造工場を見学して

きましたが、それはそれはすさまじい勢いで製品を製造しております。

 

自分のおかれているい立場やありかたを一度ふりかえって

確認してみてください

大切ないのちを一番大事に考えなければならない選択肢は

自身しかいないのです。

免疫機能というすばらしい一大製薬工場が

体にには本来備わっていますので。

 

これを最大限に用いる権利があると思います。

 

 

関連記事

-なぜガンになるのか
-, , , , , ,

Copyright© 水溶性キトサン 未来を生きるために , 2019 All Rights Reserved.