なぜガンになるのか

ガンはやっかいで治りが悪いが必ず死ぬってわけでもない

投稿日:

5年生存率(ガンと診断されてから5年間生き長らえた人の割合のこと)

ガンって治りにくい病気ではあるが、決して不治の病ってことでもなさそうです

人生に必ず終わりのときはおとずれるものの

医者から「余命何ヶ月」などと宣告されてしまうと

(ガン=死)などというイメージが高まって

結果免疫活性を悪化させることに・・・

ガンと死は思い込みに近い事実誤認

生活習慣を改めて、科学的且つ総合的な治療を行うことによって

ガンは治ります

医薬品にも注意が必要

数多くの薬が開発されてますが、化学合成薬剤・生化学製剤などの一般薬の多くは

発ガン性があるといわれています。

実際自分も薬の営業マン時代に某大手製薬会社の抗がん剤などの製造工場を見学して

きましたが、それはそれはすさまじい勢いで製品を製造しております。

はっきりいって抗がん剤はドル箱だからです。

儲かって儲かってしかたがないってことです。

自分が薬の営業に関わることで、様々な医療機関や薬そしてこの国の

ガンに対する考えかた(儲け方といったほうが現実)がわかりました。

はっきりいってしまえば、病院にいって検査検査薬づけにされれば

されるほど=じわじわ殺されに行っているようなものです。

なので、わたしは、水溶性のキトサンをこの営業マン時代に入手元と

直で繋がることができ、20数年インターネットで直切販売してます。

そして僕の経験からと、日々全国から寄せられる問い合わせ、水溶性キトサン

がどんだけ凄いか日々うれしい事実が報告されていることも現実で

絶対薬がだめって言っているわけではありませんが、

できるだけ自分の体には免疫機能というすばらしい一大製薬工場が

体にには本来備わっていますから、水溶性キトサンがその免疫機能を

賦活させ最大限日々健康被害に立ち向かう力強い武器になるという

確信をもっているからなんです。

 

 

関連記事

-なぜガンになるのか
-, , , , , ,

Copyright© 水溶性キトサン 免疫増強効果の仕組み , 2018 All Rights Reserved.